360度VR画像で鹿児島県長島町を空き家を内見!KDDIが町の移住施策に協力

KDDIと鹿児島長島町は、360度VR画像を活用して市内の空き家の活用と移住定住施策を実施すると発表した。長島町内外の3施設にヘッドマウントディスプレイ(HMD)を常設し、VR画像で空き家の状況を見られるようにする。

移住定住施策は、長島町の空き家バンクに登録された物件や周辺情報を収録した360度のVRコンテンツを作成し、HMDを通じて遠隔から内見できるようにするというもの。内見用のVR画像は、単独での視聴だけでなく、複数のHMDを利用して家族など複数人で視点を共有することが可能。内見をスムーズに行えるようにするため、利用者とオペレーターとが双方向でコミュニケーション

VRコンテンツ化は、空き家を内見する際に、移動時間とそれに伴う労力の大幅に軽減したいといった狙いがある。長島町への移住を検討している人に向けたサービスで、長島町とKDDIが2018年12月21日に地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結した取り組みの一環として実施する。

内見用VRの利用機材は長島町役場と川商ハウス鹿児島本店、川商ハウス長島支店の3カ所に常設する。また、今後長島町が実施する移住定住促進イベントでも活用する方針だ。実施期間は2020年3月31日までを予定している。