背後から忍び寄る不審者を気付けるか!VR空間上で犯罪被害を疑似体験

大阪府の追手門学院大学は、犯罪被害を疑似体験できるVRコンテンツを大阪府警察本部府民安全対策課と共同開発し、11月2日の合同学園祭に初めて一般向けの防犯教室を開催する。

開発したVRコンテンツは、スマートフォンで音楽を聴きながら歩いている最中に(歩きスマホ)、背後から不審者が忍び寄るというシチュエーションをVR空間上で疑似体験できるというもの。VR空間は実際にある公園の風景を写真を取り込んで作成しており、VRゴーグルを装着して体験する。体験を通じて、イヤホンなどをして耳に外部の音が入りづらい状況の中で、背後に近付く人がいても気付くことが難しいことを理解できるようになる。

システムの開発者の1人である追手門学院大学の副学長の原田章教授は「犯罪の可能性がある様々な場面をつくり出すことができ、防犯教室など啓発活動に貢献できるのではないか」と期待を寄せている。専用カメラとゴーグルがあれば制作でき、複雑なプログラムが必要なく安価な点も魅力だという。

VRシステムは、11月2日に追手門学院茨木総持寺キャンパスで開催する合同学園祭の防犯教室で来場者に公開する。

防犯教室概要

日時:2019年11月2日(土)
①10時~②11時~③13時~④14時~⑤15時~ 入替制で計5回
会場:追手門学院茨木総持寺キャンパス 大学棟・アカデミックアーク5階 A532およびA533
参加:無料。当日、会場で受付。機器の数に限りがあるため希望者多数の場合は整理券を配付。
VR体験は13歳以上を対象とし、同意書へのサインが必要。