製造現場の労働災害をVRで体験!凸版印刷が「安全道場VR」をリリース

凸版印刷は、製造現場の危険行動をVR空間上で体験できるコンテンツ「安全道場VR」を製作し、11月14日より提供開始したと発表した。

「安全道場VR」は製造現場で起こりうる労働災害を収録したVRコンテンツ。凸版印刷が運営する安全に関する体感教育ができる施設「トッパングループ安全道場」が監修し、危険予知能力を身に付けられるように開発された。すべての映像は実際の機械や工具なども製造現場にあるものが登場する。コンテンツを体験するいはヘッドマウントディスプレイ(HMD)を利用する。

「カッター作業」「機械稼働」「高所作業」「エアーブロー清掃」「可燃性溶剤火災」「機械点検」「機械清掃」の7種類を用意する。製造工程の中での危険なシーンのほか、点検や清掃などのシーンもカバーする。凸版印刷では、安全道場VRを国内50カ所、国外30カ所の拠点で活用して安全教育を強化するとしている。

© Toppan Printing Co., Ltd.