ARとスイーツを組み合わせた「魔法パフェ」!渋谷パルコで11月22日から提供

ティフォンは、「ティフォニウム・カフェ」を11月22日に渋谷PARCO地下1階にオープンすると発表した。それに伴い、AR/VR技術とスイーツを組み合わせたユニークな商品を販売する。

AR/VR技術を採用するスイーツは、店内向けの「魔法パフェ」、持ち帰り用の「ティフォニウム・チョコレート」の2つを提供。魔法パフェは、一見普通のパフェだが、専用のタブレット端末を通して見ると、パフェを囲んだ状態で映像が表示されるという仕掛けが施される。5種類のパフェが用意され、それぞれAR上の映像も異なる。

ティフォニウム・チョコレートは、チョコレートに描かれたイラストの部分をスマホで読み取って対応するメッセージを画面上に表示できるという仕組み。1箱に4つのチョコレートが入っており、それぞれ表示できるメッセージの内容が異なる。

スイーツ以外に、タロットカードの世界観をVR空間上で再現するアトラクション「タロットVR」を提供する。タロットの大アルカナをモチーフとした22通りの世界が用意され、占い結果に適したVR映像を視聴できる。

それぞれの価格は、全5種類の魔法パフェが1000~1400円(税抜き)、ティフォニウム・チョコレートが1箱1000円(税抜き)。タロットVRは1人プレイが800円(税込み)、2人同時プレイが1500円(税込み)。