初めてでも簡単に360度写真を撮影!全天球カメラ「RICOH THETA SC2」を発表

リコーイメージングは、360度カメラのエントリーモデル「RICOH THETA」(リコー・シータ)の新モデル「RICOH THETA SC2」を12月13日に発売すると発表した。価格はオープンで、直販価格が3万6800円。

「RICOH THETA SC2」は、全天球イメージの360度写真や動画を撮影できる「RICOH THETA」シリーズのエントリーモデルで、「RICOH THETA SC」の後継に該当する。ワンショットで手軽に360度写真を撮影してSNSに投稿したい人や、初めて360度カメラを使いたいなどが主なターゲットになっている。

前モデルからの新たな機能として、本体下部に状態表示OLED(有機ELディスプレイ)から設定モードや電池残量などの各種情報が確認できるようになった。人物の顔を認識して美肌に見せる「顔モード」、夜間でも低ノイズで撮影可能な「夜景モード」などの撮影モードが追加された。

カメラ性能は、1400万画素相当の全天球静止画、4K(3840×1920ピクセル)相当で30fps(フレーム/秒)の全天球動画の撮影に対応する。カラーは、ピンクとブルー、ベージュ、ホワイトの4色展開。USBケーブルと専用ケースが付属する。