ナーブとNTT東日本が業務提携!VR活用の不動産ソリューションを促進

ナーブとNTT西日本は、VR技術を活用した不動産・観光向けソリューションの分野において業務提携すると発表した。

今回の業務提携により、ナーブが開発した物件や旅行先などの動画をVR空間上で見られる「どこでもストア」の促進を共同で進める。どこでもストアは2019年12月現在で全国18拠点に設置しており、今後3年間で全国の大型商業施設などを中心に300拠点の設置を目指す。

両社の役割りは、ナーブがVR技術によるアプリケーションやハードウェアの開発、商業施設などへの展開を担当する。一方のNTT東日本がどこでもストアへの光インターネットやWi-Fiといったインフラやクラウド基盤の提供、どこでのストアの保守やメンテナンスを担当する。