2019年の「ネット流行語100」を発表!年間大賞は「にじさんじ」が決定

ピクシブとドワンゴは、2019年に最も流行った単語を表彰する「ネット流行語100」の発表をTUNNEL TOKYOで開催し、バーチャルYouTuber事務所の「にじさんじ」が年間大賞となった。

ネット流行語100は「ピクシブ百科事典」と「ニコニコ大百科」の各単語ページのアクセス数の合算値が多かった100単語をノミネートし、その中から最もアクセス数が多い単語を年間大賞として表彰するというもの。併せてpixivに投稿された作品にタグ付けされた数が昨年より増えた単語を表彰する「pixiv賞」、niconicoユーザーがネットで最も流行ったと思う単語をアンケート投票で選ぶ「niconico賞」などを発表する。

2019年の年間大賞はバーチャルYouTuber事務所の「にじさんじ」が受賞。2018年の9位から大幅なランクアップした。所属するバーチャルライバーがインフルエンサーとして活躍したことなどで大幅に単語のアクセス数が増えた。

当日会場には、個人でも82位にランクインしたバーチャルライバーの「御伽原江良」(おとぎばらえら)が登場し、「今年は配信だけじゃなくライブなどのリアルイベントや、海外進出など活動の場が広がり、にじさんじ全体がすごい飛躍の年でした。来年もたくさんの方に知っていただけるように、ランクイン目指して頑張っていきたいです!大賞ありがとうございました」とファンにメッセージを届けた。

第2位は鬼滅の刃の登場キャラクター「我妻善逸(あがつまぜんいつ)」、第3位はVTuber事務所の「.LIVE」、niconico賞にはまちカドまぞくのセリフ「シャミ子が悪いんだよ」、pixiv賞には「鬼滅の刃」がそれぞれ選ばれた。