世界が絶賛するVRアニメ映画「Feather」が有楽町マリオンで国内初公開

CinemaLeapは、VRアニメーション映画「Feather」を有楽町マリオン内のコニカミノルタプラネタリア TOKYOのVRエリア「VirtuaLink」で12月19日より国内初公開すると発表した。

Featherは、2019年に制作された12分のアニメーションVR映画。小さな人形の少女がバレエダンサーになることを目指すといった物語で、古い屋根裏部屋にひっそりと置かれているドールハウスの中でストーリーが繰り広げられる。セリフや字幕がない。

2019年のヴェネツィア国際映画祭VR部門「VENICE VIRTUAL REALITY」、釜山国際映画祭「VR Cinema」、ジュネーブ国際映画祭「STREAM」、江陵国際映画祭「VR Lounge」と、世界各国の映画祭にノミネートされた。

監督がVR&3DCGアーティストの伊東ダイスケさん、音楽がピアニストの森下唯さん、プロデューサーがSupershipの待場勝利さん、アシスタントプロデューサーがCinemaLeapの大橋哲也さんが務める。

【Feather 公式HP・SNS】
■公式HP
http://keisukeitoh.com/feather.html
■公式SNS
・Facebook:https://www.facebook.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Twitter:https://twitter.com/FeatherVR (@FeatherVR)
・Instagram:https://www.instagram.com/feathervr/ (@feathervr)