バンダイナムコアのVR施設が北京に上陸!「VR ZONE BEIJING」を開業!エヴァなど人気アトラクションを設置

バンダイナムコアミューズメントは8月22日、中国・北京の星葆国際文化伝媒とVRコンテンツのフランチャイズ契約を締結し、北京市内の朝陽公園に「VR ZONE BEIJING」を2019年秋にオープンすると発表した。

星葆国際は、中国国内で知的財産(IP)管理のほか、テレビのコンテンツ開発・宣伝の運営経験、映画館・Eスポーツ・エンターテインメントの施設の運営などをする企業。

海外にあるバンダイナムコエンターテインメントのVR体験施設は、今回の「VR ZONE BEIJING」で8カ所目で、その直前にもマカオで新店舗をオープンさせる。日本国内の施設を含めると合計29カ所となる。

「VR ZONE BEIJING」は、「エヴァンゲリオンVR THE魂の座:暴走」「ガンダムVR ダイバ強襲」「急滑降体感機 スキーロデオ」など国内で人気の高い13のアクティビティを設置する。

【設置アトラクション】
・エヴァンゲリオンVR THE魂の座:暴走
・ガンダムVR ダイバ強襲
・急滑降体感機 スキーロデオ
・恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル
・極限度胸試し 高所恐怖SHOW
・極限度胸試し ハネチャリ
・巨大風船爆発ルーム パニックキューブ
・ゴジラVR
・大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー
・ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波
・冒険川下りVR ラピッドリバー
・ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)
・マリオカート アーケードグランプリVR