クリスマスをテーマとしたVRショートムービーをYouTube上で公開

withIDは、クリスマスをテーマにしたVRショートムービー「Xmas Dream」をYoutube上に公開した。

「Xmas Dream」は、クリスマスをテーマにした視界180度、最大8K画質のVRショートムービー。Tokyo XR Startupsが提供する「TXS第6期インキュベーションプログラム」の採択されたことによる支援を受け、3DCGオープンソースソフトウエアの「Blender」を使って作成した。 withID初のVR作品となる。

VRゴーグルを利用する場合は、180度の範囲内で視線を変えて表示範囲が切り替えられ、没入感の高い映像を視聴できる。スマートフォンやパソコンでも画面をスワイプして表示範囲を切り替えられる。

特設PRサイト: https://kirofutaya.github.io/xmas_dream/