VRを活用した6階建ての展示空間!「DOCOMO Open House 2020」に出展

ABALは、2020年1月23日と24日に東京ビッグサイトで開催される「DOCOMO Open House 2020」において、VR技術を使った6階建ての展示空間「ABAL:プレゼンテーションタワー」を初めて公開すると発表した。

「ABAL:プレゼンテーションタワー」は、VR空間上に構築できる多重の展示空間。特許技術に基づいた空間圧縮技術を用い、6m×6mの現実空間に6階建てのVR空間を創出できる。VR空間内では体験者が現実空間と同じように自由に歩くことができ、空間上のエレベーターに乗って別の階に移動できる。体験するユーザーはヘッドマウントディスプレイの「Oculus Quest」を装着する。

DOCOMO Open House 2020の出展内容は、各階にVR空間のコンセプトが設けられている。1Fはタワーの解説のためのロビー、2FはVRトレーニングとして空中に浮かぶ映写機を組み立て、3FはEDMイベント「Tomorrowland」の疑似体験、4Fは狂言師の野村万作氏の演目「栗焼」の3DCG上映、5Fは「GLOBAL WORK」のVRポップアップストア、6Fが出口となる。

ABELは、VR空間上のプレゼンテーションタワーの用途として、新しいエンターテインメントや教育、店舗販売、企業研修、エンターテインメント、スポーツ観戦や店舗販売など新しいビジネスの可能性を提案する。