ドコモが「新体感ライブ CONNECT」で8KVR映像を生配信!3月18日より開始

NTTドコモは、音楽イベントなどの生配信映像をスマホやPCでマルチアングル視聴できるサービス「新体感ライブ」を「新体感ライブ CONNECTTM」に名称変更し、新たに8KVR映像を生配信する機能を3月18日より追加すると発表した。

「新体感ライブ CONNECTTM」では、「マルチアングル配信」「ARフィギュア」「TIG Live」「コメント機能」などの従来機能を踏襲しながら、新たに「8KVRライブ」機能を追加する。高画質な8KVR映像のリアルタイム配信は、新世代5G通信の「高速・大容量」の特徴を活かして実現させるとしている。VR技術を通じて会場の最前列にいるかのような“バーチャル最前列”を手軽に体験できる。

バックグラウンドの技術面では、会場に円形に配置された複数カメラの映像をサーバー側でつなぎ合わせて360度の3D映像をリアルタイムに生成する技術が利用される。また、360度動画の一部分の解像度を落とし、全体のデータ容量が小さくなるようにしている。これらの高度な処理はNTTドコモのクラウド上にあるサーバーで実行され、撮影会場ではカメラのほかに大規模で高性能な装置を必要としない。

8KVR映像をスマホで視聴するには、「新体感ライブ CONNECT VR」アプリが必要で、2月中旬より配信する予定。