学校名入りの立て看板とどこでも記念撮影!ARカメラアプリを無償公開

スピードは、Android・iOS用のARカメラアプリ「祝 どこでも! 卒業・入学式看板と記念写真が撮れるAR」を3月下旬より無償公開すると発表した。

「祝 どこでも! 卒業・入学式看板と記念写真が撮れるAR」は、被写体である人物がどこにいても、卒業・入学式などの立て看板と一緒に撮影できるスマホ用のカメラアプリ。搭載するAR機能で立て看板をカメラアプリ上に表示させる仕組みだ。立て看板に表示させる文字は、学校名や日付などを自由に指定して表示できる。文字だけでなく、桜やメッセージのスタンプを押すデコレーション機能を使い、看板や人物の周囲を見栄え良く装飾することも可能だ。

アプリの開発は、コロナウイルスの影響により、卒業式や入学式などのイベントが中止になったり、保護者が参加できないなどの制限を受けてのもの。学校名が入った立て看板と一緒に撮影することで、思い出を手軽に写真に収められる。アプリは現在開発中で、3月下旬に公開予定。リリースに向けて、公式ツイッターアカウント「@MemorialPhotoAR」で最新情報を公開するとしている。

© 2020 SPEED INC.