おうちで社会科見学!佐倉市が旧大名邸宅「旧堀田邸」をVR公開

千葉県・佐倉市は、国の重要文化財に指定されている「旧堀田邸」の邸内全体のVR映像の無料公開を開始した。一般社団法人「VR革新機構」のボランティア協力を得て制作。PCとスマホ、VRゴーグルを利用して視聴できる。

VR映像として公開されたのは、一般公開の堀田邸の玄関棟、座敷棟、居間棟1階、湯殿のほか、特別公開の書斎棟、居間棟2階も含む。360度の3Dウォークスルー方式で制作され、上下左右に表示範囲を動かしたり部屋を移動したりと、実際に訪れているような感覚で邸内を見て回れる。

期間は12月31日までを予定。佐倉市の特設サイト「ほっとすまいる佐倉」内で配信している。専用アプリを必要とせず、PCやスマホのWebブラウザーで閲覧可能。VRゴーグルを利用することで、より臨場感のある映像を楽しめる。旧堀田邸のことを詳しく学べるPDFファイルのワークシートもサイト内で無料配布している。

旧堀田邸は、佐倉藩主・堀田正倫(ほったまさとも)の邸宅として、1890年(明治23年)に旧領の佐倉に建てられた。現存する明治時代の旧大名家による和風住宅は珍しく、2006年(平成18年)に国の重要文化財に住居部5棟(玄関棟・座敷棟・居間棟・書斎棟・湯殿)と門番所・土蔵の計7棟が指定された。庭園も残り、2015年(平成27年)に国の名勝にも指定されている。

(C)VR革新機構 提供:佐倉市文化課