にじさんじ、ライバーによる任天堂ゲームの配信が可能に!許諾契約を独自締結

にじさんじを運営するいちからは、任天堂の著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結したと発表した。

今回の許諾契約は、にじさんじ所属のバーチャルタレントが、任天堂が著作権を有するゲームのプレイ画像や映像を利用して配信し、収益化を図れるというもの。任天堂が個人の配信者に向けた「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」の取り決めに加え、いちからが法人として別途許諾契約を締結。それによりにじさんんじのライバーによるゲームの配信が可能となった。

許諾契約を結んだ法人は、いちからに加え、UUUM、ソニー・ミュージックマーケティング、東京産業新聞社(ガジェット通信)の4社(2020年6月1日現在)。