コントローラーいらずVR空間上でプレゼン実施!「キネトスケイプ」発表

ハシラスは、Oculus Quest向けVRプレゼンテーションツール「キネトスケイプ」を開発したことを発表。キネトスケイプは、同一のバーチャル空間上にユーザーが集まってプレゼン発表を実施できるツール。3Dモデルを活用したプレゼンも簡単に実現可能。Oculus Quest独自の「ハンドトラッキング」に対応し、オフライン動作の機能などを搭載する。

発表者と参加者が同じVR空間にアクセスし、それぞれがアバターとなってプレゼンを実施、その様子を閲覧する。従来のスライド式のプレゼン資料のデータをそのまま利用できる。3Dモデルをプレゼン会場に持ち込むことが可能。例えば、小さなプロダクトを手に取ってあらゆる方向から確認したり、自動車モデルを用意することでボンネットを開けて中のエンジンを確認するなどの利用ができる。バーチャル上のプレゼン会場は大学の講堂、都心の駅前、森の中などがあり、自由に切り替えられる。360度動画や両眼立体視の映像再生にも対応する。

Oculus Questの「ハンドトラッキング」は専用のコントローラーを必要とせず、手や指の動きをトラッキング(認識)できる機能。コントローラーを持たないことで両手が自由になり、手を振るなどのアクションがしやすい。オフライン動作対応により、ネットワークが突然切れた場合でもVR空間上からアバターが消える心配がない。オフラインでもある程度は継続して利用可能。展示会上などのネットワーク接続が不安定な環境で重宝する機能だ。

ハシラスは、キネトスケイプの今後の展開としてプレゼンに留まらず多目的なツールとして展開する方針だ。観光業での活用、研修プログラム、自宅用のフィットネスなどを想定しているという。