VR空間の新たな都市開発!「SERENITY KINGDOM」を6月25日開始

SERENITYは、VR空間上のバーチャル都市プロジェクト「SERENITY KINGDOM」を6月25日よりオープンさせる。

SERENITY KINGDOMは、VR空間上に仮想の都市を構築し、ユーザーが「居住者」となって参加できるサービス。独自の「SUPER SMART CITY構想」を掲げ、VR空間内にアミューズメントパークやショッピングモール、銀行などを設置する。オリジナルの通貨を発行して買い物などに利用できるようにする予定だ。ユーザーはVR空間内の専用スペースを「土地」として購入して住民になれる。

一例としてアミューズメントサービスにおいては、e-Sportsやスポーツのリアルタイム中継などを実施する予定。さまざまな企業と提携してサービスの拡充させる方向で調整しており、2020年5月には韓国最大のスポーツブッキング事業スポヴィル社とMOUを締結している。