今が買い時!スタンドアロン型VRゴーグルまとめ

Facebook製の「Oculus Quest 2」が発売され、「スタンドアロン型(スタンドアローン型)」といわれるVRゴーグルの注目度が高まっている。スタンドアロン型とはプロセッサやストレージなどの制御装置を本体に内蔵させることで、PCに接続することなく単独で動作するVRゴーグルのこと。高性能なPCや部屋に外部センサーを設置する必要がなく、手軽にVR映像やゲームなどを満喫できる。

製品を選ぶ際は、VR動画を視聴したいのか、それともVRゲームをプレイしたいのかで判断するのが無難だ。前者ならトラッキング機能が標準的な「3DoF」モデルの製品を選び、後者ならさらに複雑な動きを検知可能な「6DoF」モデルを選ぶ。6DoFモデルの現行製品は少ないので注意したい。

スタンドアロンVRの大本命!VRゲームを存分に楽しめる最新モデル

Oculus Quest 2
●Facebook
実売価格:3万7100円(64GB) 4万9200円(256GB)

Facebook製のスタンドアロン型VRゴーグル「Oculus Quest」シリーズの第二世代が登場。前モデルと比べて液晶解像度やプロセッサなどの性能が向上し、小型化・軽量化が図られた。IPD調整は無制限から3段階へと変更が加えられた。本機とパソコンとのケーブル接続で、Oculus Rift用のアプリが動作する「Oculus Link」機能も継承されている。ゲームのプレイや動画視聴を存分に楽しめるスペックとなっている。

ディプレイ液晶
解像度片目1832×1920ピクセル
リフレッシュレート72Hz ※アップデート90Hzに対応予定
IPD調整58/63/68mmの3段階
トラッキング6DoF
プロセッサQualcomm Snapdragon XR2
RAM6GB
ストレージ64GB/256GB
サイズ191.5×102×142.5mm
重さ503g
バッテリー駆動時間ゲーム:約2時間 ビデオ視聴:約3時間
対応ストアOculus Quest Store

スタンドアロン型の軽量モデル!4K動画も快適に楽しめる

Pico G2 4K
●Pico Technology
実売価格:4万3800円(32GB)

スタンドアロン型VRゴーグル「Pico G2」シリーズの4K画質バージョン。重量が276gと他のVRゴーグルと比べて軽く、長い時間装着しても疲れづらいのが大きな魅力だ。リフレッシュレートはPico G2の90Hzから75Hzに変更されている。筐体は黒を基調としたシンプルなデザイン。当初は業務利用を想定した販売であったが、最近では大手家電量販でも取り扱うなど一般ユーザーが購入しやすくなった。

ディプレイ液晶
解像度両目3840×2160ピクセル
リフレッシュレート75Hz
視野角101度
トラッキング3DoF
プロセッサQualcomm835
RAM4GB
ストレージ32GB
Wi-Fi規格b/g/n/ac
拡張スロットマイクロSD(最大256GB)
サイズ172×89×93mm
重さ276g
バッテリー駆動時間約3時間
OSAndroid
対応ストアPico Store、VIVEPORT

4K解像度で4万円を切る低価格モデル!筐体デザインが映える

DPVR P1Pro 4K
●DPVR(大朋VR)
実売価格:4万5980円(32GB)

中国のVRメーカーである大朋VRが製造する4K画質対応のVRゴーグル。前面のフェイスプレートは真空メッキされた金属素材で、グラデーションがかった美しいデザイン。IPD調整(瞳孔間距離)機能を搭載し、は54~74mmの間で自由に調整可能。VR動画配信サービス「360Channel」「PICMO VR」「VeeR VR」、アプリストア「VIVEPORT」がプリインストールされている。

ディプレイ液晶(5.5型)
解像度両目3840×2160ピクセル
リフレッシュレート70Hz
IPD調整54~74mm
視野角100度
トラッキング3DoF
プロセッサQualcomm Snapdragon XR1
RAM3GB
ストレージ32GB
Wi-Fi規格b/g/n/ac
拡張スロットマイクロSD(最大256GB)
サイズ208×130×105mm
重さ350g
バッテリー駆動時間約4時間
OSAndroid
アプリ配信ストアVIVEPORT