企業のセクハラ・パワハラの研修をVR教材で実施!レンタルキットをリリース

エヌ・ティ・ティラーニングシステムズは8月29日、企業のハラスメント研修にVR体験を追加したパッケージ教材「ハラスメント研修VRパッケージ」のレンタルサービスを開始したと発表した。

ハラスメント研修VRパッケージは、研修用VRコンテンツとVR再生システムをパッケージ化した教材。ハラスメント教材にVRを利用することで、臨場感・圧迫感のある当事者視点を疑似体験できるようになり、より効果的な研修体験を実現できる。

職場で起きやすいセクシャルハラスメントとパワーハラスメントの問題場面を再現している。ハラスメントと明確にわかるシーンと、明確には判断しにくいシーンを混在させ、どこに問題があるのかを受講者が考え、ディスカッションしやすい構成となっている。

導入のため敷居を下げるため、VR一括制御システムでシステム機器類に関する専門知識がなくとも研修をできるようにした。コンテンツにはすべて4Kの高画質映像で、「 何気ない思い出話も 篇」「気を付けているようだが 篇」「上司でも部下でも誰でも加害者になる 篇」の3つが用意されている

レンタルするパッケージは、セクシャルハラスメントとパワーハラスメントのVR教材、一括制御アプリケーションと制御用タブレット、WiFiルーター、視聴用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)10台がセット。

価格は1週間で20万円、追加HMDが10台セットで7万円となる。1回の同時利用数は最大30台。