3D CADを無線でVR空間に表示!「バーチャルデザインレビュー」のワイヤレスオプション

サイバネットシステムは9月19日、同社が販売・サポートするVRソフトウェア「バーチャルデザインレビュー」のワイヤレスオプションをHTCとAdvanced Micro Devicesと共同開発し、販売開始したと発表した。

今回発売したバーチャルデザインレビューのワイヤレスオプションは、作成した3D CADデータを変換などの手間をかけずにワイヤレスで直接VR空間上に表示できるオプション機能。利用するには、AMD Radeon Proグラフィックス・カードを搭載したワークステーションとHTC製のヘッドマウントディスプレイ「VIVE Focus Plus」 の2つが必要となる。VIVE Focus Plus経由で無線接続して 3D CADデータを転送し VR空間上に表示するという仕組みだ。3D CADデータだけでなくCAEのシミュレーション結果もVR空間上に表示可能となる。

内蔵のセンサーを接続で利用するため、ベースステーションの設置が不要となる。ワイヤレス技術はAMD VRストリーミングソリューション「AMD Radeon ReLive for VR」をバーチャルデザインレビューで最適なパフォーマンスが発揮できるようにカスタマイズさせることで実現した。

VIVE Focus Plus

バーチャルデザインレビューは、遠隔地のメンバーを含む複数人が同じVR空間の中でコミュニケーションを取りながらレビューすることができ、手戻りや設計変更などの情報を有効に共有することで、コストと時間の圧縮ができる。今回のワイヤレス化によってさらなる効果が期待できる。